『一糸紊れず』の記事が京都新聞に掲載されました。

グンゼ創業者波多野鶴吉翁に捧げて作った『一糸紊れず』の記事が京都新聞に掲載されました。

恐らく現在、波多野鶴吉翁に関して1番研究されて詳しい記者の八幡一男さんは、京都新聞に『波多野鶴吉をたどる』という素晴らしい連載を続けておられましたが、その八幡さんが綾部を離れられる直前にお会いできて、この記事を書いて頂けて本当に有難かったです。
昨日は4月4日に予定していた丹陽教会でのコンサートが5月30日に決まったことのご報告も兼ねて、先月に続いてまた波多野鶴吉様はな様のお墓参りに行かせて頂きました。

Source:: ameblo

      

コメントを残す