『堀内圭三ディナーショー2018』を終えて。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

昨年に続いて今年も開催させて頂いた『堀内圭三ディナーショー2018』。
今年も約200名の方にお越し頂き、大盛況のもと幕を閉じさせて頂きました。
お越し下さった皆さん、本当にありがとうございました!
また当日どうしても来れず、お花を贈って下さった皆さんも、本当にありがとうございます。
10月28日から約一週間が経って思うことは、28日を無事終えた時、お越し下さった皆さんや、運営を支えてくれたHOLLY’S FAMILYのみんな、そして素晴らしいバンドメンバー達への感謝の思いが溢れていたんですが、まだ一週間しか経っていないのに、あの溢れるような感謝の思いが、ほんの少しでも減っているんじゃないかなと思うと、うまく言えませんが『自分の心の身勝手さ』みたいなものが怖くなってきます。
以前も同じように感じたことがあり、よく九州や四国へボランティア(もちろん交通費も全て手弁当で)で歌いに行ってたんですが、ある時からそれでは申し訳ないとのことで、交通費を頂けるようになり、その時は本当に有り難く頂戴したんですが、翌年また行った時に交通費を受け取った時、結構当たり前のような気持ちで受け取っている自分の心に怖くなった時がありました。
先日もたった7.000人?ではコンサートが出来ないという方もおられ、表だってはファンの皆さんも凄く好意的な意見を言っておられるようですが、遠方から泊りがけで来られた方もおられるでしょうし、もしかしたら体に無理をして当日会場まで来られた方もおられたはずです。
最近本当にいろんなニュースに「何これ?」と思うことがありますが、今思うのは、
『人のふり見て我がふり直せ』。
それが自分だったらどうするか?
もしかしたら同じようなことをしてしまわないと言い切れるか。
『感謝の気持ちの持続』
『感謝から報恩へ』
2018年も残すところ2ヶ月。
感謝の気持ちを1mmも減らすことなく、また一日一日頑張っていきます。
本当に皆さん、ありがとうございました!

Source:: 堀内圭三の『生まれてきてよかった!』ブログより

      

コメントを残す