99歳の阿部千鶴子さんと!

新しいアルバム『生命』には、明治時代に綾部でグンゼを創業された波多野鶴吉翁とはな様御夫妻に捧げて作った『一糸紊れず』という曲を収録していますが、この曲を作るきっかけになった『宥座の器』(四方洋著)という本にも載っておられる、阿部千鶴子さん(なんと99歳!)と澤田和子さん(86)にお会い出来て、実際に丹陽教会ではな様と過ごされた思い出や、戦前にグンゼにお勤めになっていた時の思い出話を聞かせて頂きました。
まさに『生き証人』のようなお二人のお話しを伺っても、波多野鶴吉翁とはな様の、愛と信仰と発展に貫かれた素晴らしい人生と、当時のグンゼ(郡是)が奇跡のような会社であったことを、あらためて実感すると共に、この曲を通じて、もっと多くの方にお二人のことをお伝えしていきたいという思いが、更に湧き上がっていきました。
それにしても、99歳で記憶力もしっかりしておられるし、チャーミングなジョークを交えて話される阿部さんと話しながら、こんな99歳を迎えられたらどんなに素敵なことだろうと思いました。
いや〜、素敵な人との出会いって、本当に幸せで豊かな気持ちになれますね〜!🙏🙏

Source:: ameblo